Home> CD / DVD > | PC LIFE > | TOOL > 動画ファイルから家庭用DVDプレーヤーで再生できるDVDを作成 DVDStyler v1.8.1

動画ファイルから家庭用DVDプレーヤーで再生できるDVDを作成 DVDStyler v1.8.1

:: 動画ファイルから家庭用DVDプレーヤーで再生できるDVDを作成 DVDStyler v1.7.4 - NL - natural life -

 以前、動画ファイルから家庭用DVDプレーヤーで再生できるDVDを、【 DVDStyler v1.7.4 】で作成していた。
 今回は、PC自作してパワーアップしたので、ベンチマークを兼ねて、最新版の【 DVDStyler v1.8.1 】で作成してみることに。

 ちなみに、今回作成するタイトルは「アマガミSS」(公式サイト

 「アマガミSS]をDVDStylerv1.8.1で作成する!

 ちなみに、旧自作PC(Pentium4 1.8GHz)では、4話~5話を1枚のDVD(片面1層4.7GB)で作成するのに、約15時間かかった。

 ので...。

 今回、新自作PC(Coe i5 760 2.8GHz)では、どれくらいの時間がかかるか...楽しみだ♪


 DVDStyler v1.8.1 入手

 

 公式サイト : DVDStyler - Free DVD Authoring Application
 
 トップページに「Download Now!」ってボタンが表示されるようになっている。こりゃぁ~わかりやすくなりましたね。
 


 

 どうやらベータ版?「1.8.2 rc2」もリリースされているようだが(2010.11.2現在)、今回は正式版「v 1.8.1」をダウンロードする。
 ファイル名:DVDStyler-1.8.1-win32.exe

 DVDStyler v1.8.1 インストール

 

 DLしてきたファイルを実行すると、上記ダイアログが表示されるので「実行」ッス。
 これ、キャンセルしたら、インストール一生できないし(苦笑)


 

 ちなみに、Windows7 になってから、管理者として実行する?とか、コンピュータへの変更を許可する?とか。セキュリティ上の都合だとはわかるんだけど、EXEファイル等を実行するたびに、ダイアログが表示されるのが...ちょっぴり面倒くさいっす。
 これも、「はい(Y)」を選択しないと、作業が進みません(苦笑)


 

 インストールウィザードの言語を選択して、次へ。
 多分、この記事を読んでいる人の98パーセントは、【Japanese】だと思われます(笑)


 

 最近のインストーラーって、簡単になってきて、ほとんど「次へ」とか「NEXT」をクリックしていけば、自動的にインストールされる。わざわざ、この記事でここまで詳細に解説する必要もないか...。
 まぁ、ここまで来たのだからがんばりますけど・・・。


 

 インストール先も、特に指定がなければデフォルトのままでOKッス。


 

 プログラムグループのフォルダ名。スタートメニューからプログラムを選択した後に表示されるフォルダの名前。
 わかりやすくバージョン番号を追記してみた。
 「プログラムグループを作成しない」へチェックを入れると、スタートメニューのプログラム欄に表示されない。
 まぁ、このあたりはどちらでもOK。
 まぁ、どんどんとソフトを導入していくと、プログラムグループのフォルダ数が大変なことになるので...こだわりのある人は、作成しなくてもいいのかもしれませんね。
 パソコン初心者の人は、作成しておいたほうがよいかも...。
 いざ、DVDStylerを起動しようと思っても、どこから起動してよいのかわからなくなってしまうかも...
 って、そんなことはないか(苦笑) ただの管理人Ui-(憂).の独り言でした。。。


 

 どこにアイコンを作成しますか?ってこと。
 Ui-(憂).はどこにも作成しないので、すべてのチェック項目を外して、次へ進みました♪


 

 最終確認画面。OKであれば「インストール」ボタンをクリック。
 インストールがはじまりまーす。


 

 完了で、インストールウィザードが終了するとともに、「DVDStyler v1.8.1」が起動します。
 これで、インストール作業は終了っす。
 オツカレサマ♪

 DVDStyler v1.8.1 初期設定

 

 おー!デフォルトで日本語だ!

 昔は日本語に対応していなかったので、日本語化作業とか、結構面倒だったけど。
 世の中グローバルになってきましたね~


 

 とりあえず、初期設定を行います。

  ディスクラベル : 任意(半角英数字)

  ディスク容量 : 書き込むDVDサイズで。片面2層=8.5GB

  映像品質 : 自動

  映像形式 : NTSC 720×480
  ちなみに、PALを選択すると、家庭用DVD再生プレーヤーで再生できません。ご注意を

  横縦比 : 16:9
 再生するディスプレイに応じて。最近は横長のディスプレイなので「16:9」でOK。一昔前のディスプレイ(正方形タイプ)であれば、「4:3」を選択。
 どちらでも、再生はできるので大丈夫ですが、ディスプレイにあわせておいたほうが...
 再生したら画面が縦長になってしまった...というオチになるかも(笑)

  音声形式 : AC3 48kHz

 これで「OK」

 
 

 テンプレートを選択できるみたいだけど、今回は使用しないってことで、「テンプレートを使わない」を選択っと。


 

 って、さっき初期設定したんだけど、このソフト。ちゃんと反映されないんだよね...。
 メニュー > 構成 > 設定 から、再度設定画面を呼び出して...


 

 もう一度、上記同様に設定しなおさなければならない。ちょっと面倒だけど、これをやっておかないと正常に再生できないので。
 ちなみに、「内部」タブ内はいじりません。あえていじるのであれば、「一時作成ファイルを削除しない」にチェックをいれておくと、安心かも。
 
 というのも、作業ディレクトリとISO作成ディレクトリは、異なったディレクトリにしなければならない。
 もし、同じディレクトリ設定にしたまま、そして、上記「一時作成ファイルを削除しない」にチェックをいれてない場合...
 せっかく時間をかけて作成したISOファイルごと、一時作成ファイルと認識されて削除されてしまうのだ。
 
 ま、それを知った上で、確実にディレクトリを設定していれば、上記チェックを入れなくても大丈夫。
 逆にチェックを入れた場合は、確実にISOファイル等が生成されるが、手動で一時ファイルを削除しなければならない。


 DVDStyler v1.8.1 メニュー画面作成

 今回はGoogle画像検索で、適当にもらってきた画像を使用するのだが・・・720×480へリサイズしておく。


 

 720×480 リサイズ版
 これが、DVDメニューの背景画像となるわけでーす。


 

 では、右側の黒い画面上で、右クリック。
 追加 > 画像 を選択し、先ほど作成&用意したメニュー画面背景用画像を追加します。


 

 さらに画像上で右クリック > プロパティ より...


 

 位置と大きさ項目:「x」と「y」を【0】と設定すれば、画面ピッタリへ移動される。
 ちなみに、こんなカンジ


 DVDStyler v1.8.1 ファイルの読み込み

 原則、ファイル名には日本語は使用しない!

 というルールは守りましょう。
 日本語に対応したとはいえ、大丈夫かどうかわかりませんので、ファイル名は「Amagami_01.avi」などとリネームしておく。


 

 こんなカンジ。横着して半角英数字の番号だけにしました。
 保存先も一応日本語フォルダ名のない場所...たとえば「D:\amagami\avi\」等に保存した。


 

 ① 左上メニュー > ファイルブラウザ を選択すると、上記画面に変わり...

 ② 動画を保存したディレクトリを選択すると...

 ③ 中段の画面に、保存した動画ファイルが表示される。

 

 というわけ。
 動画ファイル数は...そのファイルサイズによりけりだけど、250MB~300MB程度で4話~5話程度だと思う。

 画面右下の「122/127分」ってバーがあるけど、それが赤色にならなければ大丈夫みたい。


 DVDStyler v1.8.1 ボタンの設定

 お次はメニュー画面に設置するボタンと、その設定。
 テレビのリモコンで操作する際、字幕とか、第○○話とか...選択して、決定する...。そのときのボタンだ。


 

 左メニュー「ボタン」を選択すると、さまざまなボタンが表示される。
 とりあえず、一番上にある「ボタン」をドラッグ&ドロップで、右画面(メニュー背景画像上)へ持ってくれば、ボタンが設置される。


 

 ボタンをダブルクリックすると、プロパティダイアログが表示され、詳細設定が可能。

 ジャンプ先 : 先ほどドラッグ&ドロップで挿入した動画ファイルの、どのタイトルへジャンプするかを設定。

 外観「ラベル」 : ここでボタンの表示名を入力

 フォント設定 : ここで文字の大きさ、字体等を設定。

 文字の色 : テレビリモコンで選択したとき、通常時等を設定する。

 

 ボタンをコピーして、張り付ければ、同じ設定でボタンが生成される。
 上記同様にプロパティを設定し、第2話へジャンプするボタンを生成する。


 

 すべてのボタンを設置したところ。ジャンプ先の設定だけは忘れないように。第3話のボタンを押したのに、別話へ飛んでしまってはメニューの意味がなくなってしまいまーす(笑)


 DVDStyler v1.8.1 映像設定

 もう少し!
 第1話が終了したら、どこへ飛ぶのか...という設定。

 

 下欄の動画ファイル上で右クリックし、プロパティ画面を表示させる。(少し時間がかかる・・・)


 

 第1話(タイトル1)の終了時設定なので、上の画像のように【 jump title 2; 】と設定。
 これで、第1話終了後、自動的に第2話を再生してくれる。

 同様に、他の動画ファイルも設定し、最後のファイルを再生後は【 call vmgm menu 1; 】として、メニュー画面に戻るよう設定する。


 これで、設定は完了だ。

 ある程度時間がかかるため、途中でエラーになって、作業が最初から...とか最悪パターンにならないよう、これまでの作業を保存しておく。


 左上メニュー「ファイル」 > 「名前をつけて保存」 を選択し、プロジェクトファイルとして保存しておく。
 ちなみに、このプロジェクトが「アマガミSS 第1話~第5話」なので、ファイル名を「amagami01-05」とした。


 DVDStyler v1.8.1 ISOファイル作成設定

 プチ重要

 

 ISOファイル作成設定および書き込み設定は、左上メニューの【DVD書き込み】から行うことができる。


 

 保存先フォルダ : F:\DVDStyler_Temp\
 ここは、一時作成ファイル類が保存される場所で、最終的にファイルは削除されるため、下で設定するISO生成先と同じに絶対にしないこと

 ISOイメージファイルを生成へチェックを入れて...

 保存先フォルダ : F:\dvdstyler-Amagami\iso\amagami01-05.iso
 ここで指定した場所へ、ISOファイルが生成される。
 DVDへ直接焼いてもいいのだが、今回は動作確認をPC上で行うため、ISOファイル生成とした。


 DVDStyler v1.8.1 ISOファイル生成

 

 生成画面。コーヒーでも飲んで一服しましょう。
 パソコンの性能によっては...

 かなり時間がかかります!

 Ui-(憂). の旧PC(Pentium4 1.8GHz) : 約15時間...。


 

 CPU(4スレッド)の状態なんだけど、動画エンコード...作業中、全体のCPU使用率は約40%程度。
 3番目のコアが忙しそうだったけど、それ以外のコアは落ち着いていた。


 

 そして、作業完了!

 なんと...

 CPU : Core i5 760 2.8GHz だと...

 作業時間 たったの30分!!!!!

 昔の作業...15時間はいったいなんだったのでしょうね...。


 動作確認

 

 生成したISOファイルを仮想ドライブへマウントし、メディアプレーヤーあたりで再生してみることに。


 

 おーーー!

 パソコン上でも再生できる!
 後は、ライティングソフトを使って、ISOファイルを空DVDメディアへ焼くだけ。

 
 お疲れさまでした~♪
 ※ 何より、一番記事を作成することに時間がかかったような気がする...。




 この記事内容について Twitter で つぶやく?

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録する?

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマークに登録する?


コメント:2

2011年5月 2日 22:25

はじめまして。
図入りのわかりやすい解説に感謝します。
こんど試してみたいと思います。(多謝!)

2012年4月20日 01:18

HPがきれいです!
参考にさせていただきます。

Index of all entries

Home> CD / DVD > | PC LIFE > | TOOL > 動画ファイルから家庭用DVDプレーヤーで再生できるDVDを作成 DVDStyler v1.8.1

カテゴリ
アーカイブ
Archives
購読
コラブロ!
リンク集
Blog Parts

Powerd By

Return to page top